CDさん太郎 VOL.16 2019/5/2、7購入盤

こんにちは。本記事はCD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第16回目になります。今回は2019年5/2、東京・池袋と吉祥寺で、7日に神奈川・向ヶ丘遊園で購入したCDを計11枚紹介します。 今回は前置きなくソリッドに行きます。 本シリーズ「CDさん太郎」…

CDさん太郎 VOL.15 2019/4/24、29購入盤

こんにちは。本記事はCD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第15回目になります。今回は2019年4月24日に東京・吉祥寺で、28日に池袋で購入したCDを計11枚紹介します。 ひたすら目の前のタスクをこなす日々にあって、「CDさん太郎」の更新がどうしても…

CDさん太郎 VOL.14 2019/4/20 購入盤

こんにちは。本記事はCD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第14回目になります。今回は2019年4月20日東京・八王子周辺で購入したCDを計12枚紹介します。 スパイク・リーの『ブラック・クランズマン』を観に行くべく各映画館の上映時間を調べていたと…

CDさん太郎 VOL.13 2019/4/18購入盤

こんにちは。本記事はCD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第13回目になります。今回は2019年4月18日東京・吉祥寺で購入したCDを計10枚紹介します。 この日、HMVコピス吉祥寺店にてジャンクCD放出セールがあり、5枚まとめ買いで100円という暴力的価格…

CDさん太郎 VOL.12 2019/4/8〜4/14購入盤

こんにちは。本記事はCD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第12回目になります。今回は2019年4月8日に立川で、日に下北沢、9日に御茶ノ水、11日に早稲田、14日に吉祥寺で購入したCDを計12枚紹介します。 唐突に告知です。先日収録があったのですが、4…

CDさん太郎 VOL.11 2019/3/30〜4/6購入盤

こんばんは。本記事はCD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第11回目になります。今回は2019年3月30日に御茶ノ水、31日に下北沢、4/2に吉祥寺、4/6日に神保町で購入したCD10枚、そして知人から借りたCD2枚を紹介します。相変わらず未リスCDが積み上が…

CDさん太郎 VOL.10 2019/3/23〜28購入盤

こんにちは。本記事はCD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第10回目になります。今回は2019年3月23日に上石神井で、25日吉祥寺、27日渋谷、28日に通販で購入したCDを計12作を紹介します。リスニングがなかなか追いつかず前回から若干時間が空いてしま…

CDさん太郎 VOL.9 2019/3/14、15、17 購入盤

こんばんは。本記事は、<次のレアグルーヴはCDから来る>を標語とする(?)、CD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第9回目になります。今回は2019年3月14日、15日、17日に、それぞれ東京・秋葉原、新宿、吉祥寺〜高田馬場〜荻窪で購入したCDを計8枚紹介…

CDさん太郎 VOL.8 2019/3/6、8、10 購入盤

こんにちは。本記事は、<次のレアグルーヴはCDから来る>を標語とする(?)、CD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第8回目になります。今回は2019年3月6日、8日、10日に、それぞれ東京・吉祥寺、渋谷、三鷹で購入したCDを計11枚紹介します。 三鷹の「パ…

CDさん太郎 VOL.7 2019/3/1、3 購入盤

こんばんは。本記事は、<次のレアグルーヴはCDから来る>を標語とする(?)、CD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第7回目になります。今回は2019年3月1日と3日に、それぞれ東京・新宿、中野〜高円寺で購入したCDを計12枚紹介します。 3/3に訪れたRARE…

CDさん太郎 VOL.6 2019/2/23、25 購入盤

こんばんは。本記事は、<次のレアグルーヴはCDから来る>を標語とする(?)、CD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」の第六回目になります。今回は2019年2月23日と25日に東京・吉祥寺、高円寺で購入したCDを計10枚紹介します。2/25の分は、同夜に円盤で開催…

CDさん太郎 VOL.5 2019/2/18、20、22 購入盤

こんばんは。本記事は、<次のレアグルーヴはCDから来る>を標語とする(?)、CD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」のVOL.5になります。今回は2019年2月18日から22日にかけて、仕事で訪れた都内各所で散発的に購入したCDを計10枚紹介します。 出先から自宅…

CDさん太郎 VOL.4 2019/2/17購入盤

編集 こんばんは。本記事は、<次のレアグルーヴはCDから来る>を標語とする(?)、CD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」のVOL.4になります。今回は2019年2月17日、東京練馬〜板橋界隈で購入したCDを13枚紹介します。多い…。 休日だったということもあり、…

CDさん太郎 VOL.3 2019/2/13購入盤

こんばんは。本記事は、<次のレアグルーヴはCDから来る>を標語とする(?)、CD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」のVOL.3になります。今回は2019年2月13日、東京下北沢〜吉祥寺界隈で購入したCDを6枚紹介します。 (本シリーズ要旨、並びに凡例は第一回目…

CDさん太郎 VOL.2 2019/2/10購入盤

こんばんは。本記事は、<次のレアグルーヴはCDから来る>を標語とする(?)、CD特化のディグ日記シリーズ「CDさん太郎」のVOL.2になります。 初回たる前回、べらべらと序文で文字を連ねすぎたので、早速本題へ移りたいと思います…。(本シリーズ要旨、並びに凡…

CDさん太郎 VOL.1 2019/2/9

相変わらずCDを買っています。今さら。いや、今だからこそ。 サブスクリプション配信サービスの定着期を経て、ヴァイナル復権も定着した昨今、かねてより喧伝されているように、CDという存在は既にその役目を終えつつあるものとして見做されています。かくい…

〜ドリームド・ポップ〜 音楽<再評価>の昨今 竹内まりや「Plastic Love」によせて

今起きている「再評価」は、かつてより脱文脈的になってきている。ある特定のジャンルについての見識、歴史的見取り図を蓄積していくことがのプレイヤーになるためのメンバーシップだったのに対して、今ではそういった蓄積を介することなく、の出会い(Spotif…

<ニュー・エイジ>復権とは一体なんなのか 2

本稿は、昨今巻き起こっている<ニュー・エイジ>復権についての論考第二弾である。前回の記事では、ミシェル・ウエルベックによる長編小説『素粒子』のエピローグにおける著述を参照しながら、現代の状況に呼応する(と思われる)その現象面と社会に内在しいる…

<ニューエイジ>復権とは一体なんなのか

ミシェル・ウエルベックの出世作となった長編小説『素粒子』のエピローグ。20世紀から21世紀へとミレニアムが移行する只中、20世紀の量子力学によって切り開かれた成果をもって分子生物学を不可逆的に発展せしめた主人公(の一人)ミシェル・ジェルジンスキの…

白塗り 4

次の週、一段と冷え込みが厳しくなり、空気が頬を差すような日の夕方、男はいつもの通り夜学の授業を受けるため、高校の門をくぐった。今日の一時間目は国語だ。普通高校の教師を定年退職したあとも、夜学の教師として教壇に立ちつづける磯島先生が受け持つ…

白塗 3

あくる年のその日は、冬の眠眼からお天道が気まぐれに起き抜けてきたように、陽の光が冬の靄を優しく包み込む穏やかな一日だった。男は寝具店の定休日である水曜日を利用し、日用品を買い求めに駅前のスーパーへ向かった。スーパーへ着くと、売り場を往来し…

白塗 2

男は西松町に寝具店の一人っ子として生まれた。父は男が幼い時から病弱で、男が地元の中学を出る頃には日がな一日病臥する生活を暮らしていた。だから、男は高校へ上がるなり夜学へ通いだし、昼間はよく家を扶けた。そのころは母も店にたっていて、二人で仕…

冬の霧

その日も、同じように朝起き抜けて、体がしびれてしまうほどの冷たい空気に囲まれていた。眠さの抜け切らない体に清涼を取り込むことで体がようやくわなないてくる、だから冬はそうして、いつも寝間着のままで深く乾いた空気を吸い込む。南に面した土間から…

絶対零度の社会性

物質が、その細分単位である分子が、運動をやめて沈黙するときに、温度は絶対零度となる。これ以上低くなりようがない極点として、物質的存在はすべて動きを停止し、停止したゆえの結果として、それ以上には下回ることのない結束点として、超低温をわれわれ…

曲がり道

もう一昨年前のことになるけれども、わたしがそれまで8年を越えて住み親しんだ上板橋から、練馬区の関町へ越してきた。以来、職場がそう遠くない方面にあることを理由に、移動をする手段としては自転車を選択したのだった。わりと値の張る(自慢の)ロードバイ…

信じるということ

一体全体、「信じる」というのはどういったことなのだろう。日常的な語彙としては、「信じる」とは、自分以外の他者がなにがしかの行動や言動を行う際に、それを観察・感受する側である人称が、彼がおこなったことについて、自らが敷衍する規範に乗っ取り、…

土の中

乾いた道 黄色のラバーの凹凸の ひび割れたその端から 裂け目がのぞく 下にはただ土がある 死んだ土 ダイキとユウキ 大きな建物の前で 待ち合わせて 互いの名を呼び 両手を高く上げ交えて ピシャリという音が空気を切り裂く その後には空が残る なにも含まな…

梢を離れて

今から2年前。29歳になったばかりの頃。街の空気もいよいよ肌寒さを孕んでいくその日、次にひとりで住むことになる街はどんな街なのだろうという茫漠とした思いを抱きながら、僕はバスに乗っていた。この街にはそれなりに長く住んでいたはずなのに、慌ただし…

白塗 1

「白塗」 1. 男は毎朝早朝に起床をする。大体5:30〜6:00の間には起床する。起き抜けてすぐ、日課のジョギングのため、近くの小学校の外周を約3〜4周する。今より年若の頃でも、朝のジョギングの習慣をもっていた男ではあったが、その時分では、周回数はせい…

クリーンナップする

例えばウォーホルのファクトリーにおいても、日毎夜毎に参ずる、自称・他称・あるいは誰彼が「称する」などといった前置を必要としないほどにそこへ必然として参じてしまっていた「クリエイター」連中が、参じていることそれだけで痕跡を残すように、その場…